株式会社 シカゴレジメンタルス イメージ お電話でのお問い合せは東京:03-3802-8707 /大阪:06-6306-3785
SPECIALIZING IN MILITARY                    ANTIQUE

                           
ホーム
商品検索
商品検索ヘルプ
アクセサリー
参考書籍
店舗紹介
スタッフ紹介
ニュース
フリーニュースレター
ご注文について
お問い合せ
よくあるご質問
弊社掲載記事、広告
個人情報保護方針
会社概要
ギャラリー
採用情報
リンク
サイトマップ
カタログ
ガゼットしおり
ブログでの紹介品
ブログでの紹介品
初めての方はこちら

「売約済」「商談中」
「SOLDOUT」
等の表記について、詳しくは こちらをご覧下さい。

「デッド・ストック」
「未使用新品」
等の記載についての説明は、こちらをご覧下さい。

銃の価格リストの一覧はこちらをご覧下さい。

【TK栄追】【第46回】ドントル銃 (銃砲刀剣類登録証付、大型鉄製銃身) (信)㉓ new
一覧へ戻る
関連商品情報
現在この商品に関連するアクセサリーはございません。
現在この商品に関連する書籍・ビデオはございません。
予約はこちら
  ▲クリックで拡大画像をご覧いただけます。
  Copyright© Chicago Regimentals Co. , Ltd. All Rights Reserved.
価格(税込)
 お客様ご連絡中
商品番号
 【8747】
英  名
 Large Japanese Percussion Single Shot Pistol w/ Iron Barrel
種  類
 古式銃(登録証付)、単発、登録証付古式銃買取品
国  名
 日本
時  代
 第一次大戦前(〜1914)
全  長
 327mm
口  径
 14.5mm
装 弾 数
 単発
在 庫 数
 お客様ご連絡中
画像について
 画像は現物とは異なります。
コメント
 【ドントル銃 (大型鉄製銃身) について】
幕末に雷管式小銃が欧米から輸入されるようになってから、国内でもゲベール銃などの模作が盛んに行われました。 和製の小銃はオリジナルと大きな違いはありませんが、短銃は日本独自の形状になり、当時「ドントル銃」と呼ばれました。
1842年 (天保13年) 頃に蘭学者 吉雄常三によって著された火薬技術等に関する文献である「粉砲考」によると、当時西洋で開発された発火薬の一種を日本において「ドンドルプードル」と呼称していたという記述が見られます。 これはオランダ語で「雷 (Donder) の粉 (Poeder)」を意味する「ドンダー ポーダー (Donder Poeder)」が日本において訛ったものであると考えられます。 ドンダー ポーダーは熱や衝撃を加えると激しく爆轟する発火薬で、当時重要な雷管に用いられた雷汞 (雷酸水銀(II)) と同種の化学物質であると思われます。 「ドントル銃」の呼称は、この発火薬を雷管に使用する管打ち式の銃器について、ドンドルプードルの「ドンドル」部分のみが残り、更にこれが訛って生み出された呼称である可能性が高いと考えられます。

「ドントル」という呼称は当時は管打ち式の短銃だけに限ったものではありませんでしたが、現在では小型の和製管打ち式短銃の総称としてドントル銃と呼ばれています。 ドントル銃は基本的に護身用として使用されました。 
本品は前半分は丸銃身(ラウンド・バレルで後ろ半分は八角銃身(オクタゴン・バレル)になっており、その境目にはリブが設けられており、明らかに洋風を意識した作りになっています。 14.5mmと大口径で「小型」「護身用」の枠には入らない、非常に珍しい大振りのドントル銃です。
ドントル銃には銃身と本体が真鍮により製作された品が多く見られますが、本品は真鍮製に比べて珍しい鉄製銃身及び機関部を備えた品です。 また、木製グリップ下部も一般的なドントル銃には見ないヨーロッパの中型〜大型管打式拳銃にある大きな楕円形の輪状に広がっているなど、全体に洋式銃を直接模したと思われる仕様となっています。 通常の鉄製ドントル銃は真鍮製より高い製作技術を要した為、作りが甘い(雑な)品が多い中、本品は真鍮製以上に丁寧な作りになっています。 本品のような大型で異風の拳銃は珍しいです。 (MM)

【本個体の説明】
  本品の銃身や本体は鉄製で、全体に適度な時代感が付いた雰囲気の良い品です。 銃身/機関部などの金属部は経年によりダークブラウン・パティーナと呼ばれる良い雰囲気の時代錆が表れています。大きな欠損や腐食等は見受けられず、製造された時代を考慮すればかなり良好な状態が保たれており、鉄製独特の地肌や時代感が楽しめます。 アッパー・タングまで延びる本体上部の板状部品もぴったりと本体に合っています。木製グリップ部分についても僅かな打ち傷を除いて目立った割れや欠け等は見受けられず、本体への取り付けについてもガタつき等はみられません。 ハンマーの先端やパーカッション・ニップルについては現状大きな変形や欠けは見受けられません。 銃身内は銃口から銃身後部まで抜けて (通って) おり、火穴も抜けています。 作動についてもしっかりとしており、ハンマーのコック操作も問題なく、フル・コック状態でトリガーを引くとハンマーがスムーズに落ちます。
大型で異風のドントル銃は希少ですので、一般的な真鍮製ドントル銃と一緒に二挺コレクションされても違いを楽しめるのではないでしょうか。(MM)

【その他の情報】
令和2年1月14日に埼玉県教育委員会で交付された銃砲刀剣類登録証が付いた、可動する実物の古式銃です。 無可動実銃ではありません。

160年ほど前の古い機械物の骨董品であり、高価な品でございますので、出来ましたら現物をご確認の上、ご購入いただけますようお願いいたします。 無可動実銃とは異なり作動する機械ものですので、作動や仕上げの確認をご自身で行われる事をお勧めします。 通信販売でのご購入を検討される方は、下記リンクの詳細画像 (Detailed Photos) を十分ご確認いただいた上でご注文ください。 詳しくは本HPのメニュー・バーにある「Ordering Terms (ご注文について)」の「04. 商品の返品について」をご覧ください。

詳細画像(Detailed Photos)はこちら

(種別: 管打ち式銃砲、全長: 、銃身長: 20.1cm、口径: [内径]1.45cm[外径]1.9cm、銘文: 無銘)
一覧へ戻る   このページのトップへ
E-mail:chicago@regimentals.jp
Copyright (c) Chicago Regimentals Co.,Ltd.All Right Reserved.