株式会社 シカゴレジメンタルス イメージ お電話でのお問い合せは東京:03-3802-8707 /大阪:06-6306-3785
SPECIALIZING IN MILITARY                    ANTIQUE

                           
ホーム
商品検索
商品検索ヘルプ
アクセサリー
参考書籍
店舗紹介
スタッフ紹介
ニュース
フリーニュースレター
ご注文について
お問い合せ
よくあるご質問
弊社掲載記事、広告
個人情報保護方針
会社概要
ギャラリー
採用情報
リンク
サイトマップ
カタログ
ガゼットしおり
ブログでの紹介品
ブログでの紹介品
初めての方はこちら

「売約済」「商談中」
「SOLDOUT」
等の表記について、詳しくは こちらをご覧下さい。

「デッド・ストック」
「未使用新品」
等の記載についての説明は、こちらをご覧下さい。

銃の価格リストの一覧はこちらをご覧下さい。

M16A1 自動小銃 (#9375345) new
一覧へ戻る
関連商品情報
現在この商品に関連するアクセサリーはございません。
現在この商品に関連する書籍・ビデオはございません。
予約はこちら
  ▲クリックで拡大画像をご覧いただけます。
  Copyright© Chicago Regimentals Co. , Ltd. All Rights Reserved.
価格(税込)
 \198,000
商品番号
 【7094】
英  名
 M16A1 Assault Rifle
種  類
 自動小銃、無可動実銃新入荷品 2015年9月
国  名
 アメリカ合衆国
時  代
 第二次大戦後(1945〜)
全  長
 990mm(実測)
口  径
 5,56mm×45
装 弾 数
 20/30発
在 庫 数
 複数在庫有り
画像について
 画像は現物です。
コメント
 【M16A1 自動小銃 について】
米国アーマライト社のユージン・ストーナーが設計し、コルト社が製造を行って1962年に米空軍が採用したM16 (コルト社内モデル名AR-15・M601) の改良型です。
1950年代以降、第一次・第二次世界大戦で蓄積された膨大な戦闘報告書を基にした、戦場における小銃の殺傷能力に関する米英の共同研究により、従来の遠距離からの一撃必中を基本とした戦法よりも、軽量で兵士一人が大量に携行可能な小口径弾を高速で連射した方が効率的であるという理論が確立されました。 この条件を満たす自動小銃の研究開発が各社で開始され、殆どの案が従来型ライフルの域に留まる中、ユージン・ストーナー設計によるアルミ合金や強化樹脂を多用したAR-15自動小銃がその軽量さと連射時の操作性で注目を集めました。 AR-15は1962年に米空軍においてM16として採用されましたが、陸軍でも採用が検討され、米陸軍仮制モデルであるXM16E1が1965年からベトナムで実戦投入されました。 しかしながら、設計の意図と異なる装薬の使用や、一部製造工程の省略等により、致命的な動作不良が続出しました。 紆余曲折の末、1967年2月にそれまでの仮制式名であるXM16E1に代わり、改良モデルがM16A1の陸軍制式名が与えられて採用されました。 M16A1 (コルト社内モデル名M603) は、仮制式モデルであるXM16E1 (陸軍向けM602) と同様にボルト・フォワード・アシストを備えており、マガジンから薬室への装填不良が発生した際にもボルトを手動で前進させる事が可能となっています。 M16A1ではマガジン・リリース・ボタンの誤操作を防ぐ為のリブが追加された他、ボルトを始め内部部品が強化されました。 また、薬室内のクロム鍍金処理に加え、銃と一緒にクリーニング・キットと漫画形式の取扱説明書が配給されるようになって、ようやく駄作銃の汚名を払拭するに至り、その後に続くアメリカ軍主力小銃の基本となりました。 M16A1はベトナム戦争拡大に伴う大量の需要に応える為、コルト社以外にもゼネラル・モータースのハイドラ・マチック・ディビジョン及びハーリントン&リチャードソン社でも生産が行われました。 また、輸出向けとしても大量に生産され、これらの輸出向けM16A1にはM613のコルト社内モデル名が与えられました。 M16A1はその後のM16A2やM4カービンといった発展型の開発に繋がる基礎となりました。 M16A1は現在欧米市場でも入手が困難なアイテムの一つです。 (KK Updated)

【本個体の説明】
本品のシリアルNo.は#9375345で、コルト社が70年代後半から80年代前半にかけて製造した軍用M16A1の最終輸出仕様である事がわかります。 コマーシャル (民間用) 仕様ではないので、セレクターにフルオート・ポジションがあります。 マガジン・ハウジング左側面にはシリアルNo.の他、「COLT M16A1」のモデル名及び「CAL. 5.56 MM.」の口径刻印が入っています。 また、レシーバー左側面には「COLT'S FIREARMS DIVISION COLT INDUSTRIES HARTFORD CONN. U.S.A.」のメーカー刻印が入っています。
本品は全体に使用感があり、レシーバー等の金属部は全体に小傷や擦れが散見され、表面仕上げが薄くなっている箇所等が見受けられます。 特にレシーバーの角ばった部分に摩耗が見られる印象です。 全体に若干退色が見られるものの、アッパー/ロア共に色味も揃っている印象です。
樹脂製のハンドガードやグリップ、バット・ストックについても全体に打ち傷や擦り傷が見受けられますが、大きな破損や欠損は見受けられず、比較的しっかりとした状態が保たれています。 M16A1はハンド・ガード上下の放熱孔が欠けやすいものの、上下ともに欠けは見られず、ヒビも見受けられません。 バット・プレート部にはM16の持病ともいえるクラックが見られ一部が欠けていますが、現状では強度的に比較的しっかりとした状態となっています。 バット・ストック両側面には判読できませんがペイントを施した跡が見られます。 フロント・スイベルの樹脂製コーティングは一部を除き剥がれていますが、大きな変形などは見受けられません。 マガジンの着脱やリア・サイトの調整、エジェクション・ポート・カバー及びバット・プレート部コンパートメントの蓋の開閉については問題なく行う事が可能です。
アッパー/ロア・フレームの取り付けはほんのわずかに遊びがありますが殆ど気になりません。 グリップの取り付けは比較的タイトです。 フルオート・シアが取り外されている関係上、シア・ピンが固定されていません。 お客様がご購入後にボンド等で固定して下さい。 但し、ボルト・キャリアが後退した加工の為、シア・ピンを固定すると、アッパーとロア・レシーバ―の分割が非常に難しくなってしまいます。
弊社では全く同じモデルのM16A1未使用品も取り扱っておりますが、本品はその中古バージョンになっており、お求めやすい価格でご提供致します。 軍役を経た相応の使用感はありますが、比較的しっかりしたコンディションが保たれたお勧めの一挺です。 セレクターは可動致しますが、トリガーとの連動などはありません。 スプリングの無い、コルト社製オリジナル30連アルミ・マガジンが付属します。 トリガー・テンションが無く、ボルトを半分に切除し、ボルト・キャリアと共に開いた位置で固定した新加工品です。 大阪店在庫品 (NI)

【その他の情報】
無可動実銃には文章では表現の難しい傷がある場合がございます。 通信販売でご購入される際は、下記の詳細画像 (Detailed Photos) を十分ご確認いただいた上でご注文ください。

詳細画像(Detailed Photos)はこちら

一覧へ戻る   このページのトップへ
E-mail:chicago@regimentals.jp
Copyright (c) Chicago Regimentals Co.,Ltd.All Right Reserved.