株式会社 シカゴレジメンタルス イメージ お電話でのお問い合せは東京:03-3802-8707 /大阪:06-6306-3785
SPECIALIZING IN MILITARY                    ANTIQUE

                           
ホーム
商品検索
商品検索ヘルプ
アクセサリー
参考書籍
店舗紹介
スタッフ紹介
ニュース
フリーニュースレター
ご注文について
お問い合せ
よくあるご質問
弊社掲載記事、広告
個人情報保護方針
会社概要
ギャラリー
採用情報
リンク
サイトマップ
カタログ
ガゼットしおり
ブログでの紹介品
ブログでの紹介品
初めての方はこちら

「売約済」「商談中」
「SOLDOUT」
等の表記について、詳しくは こちらをご覧下さい。

「デッド・ストック」
「未使用新品」
等の記載についての説明は、こちらをご覧下さい。

銃の価格リストの一覧はこちらをご覧下さい。

シャム モーゼル 46/66式 小銃 (#22824)  
一覧へ戻る
関連商品情報
現在この商品に関連するアクセサリーはございません。
現在この商品に関連する書籍・ビデオはございません。
予約はこちら
  ▲クリックで拡大画像をご覧いただけます。
  Copyright© Chicago Regimentals Co. , Ltd. All Rights Reserved.
価格(税込)
 \291,600
商品番号
 【5854】
英  名
 Siamese Mauser Type 46/66 Rifle
種  類
 ボルト・アクション、無可動実銃買取品 2019年 春
国  名
 タイ / 日本
時  代
 第一次大戦〜第二次大戦
全  長
 1,246mm(実測)
口  径
 8mm×52R
装 弾 数
 5発
在 庫 数
 限定1品
画像について
 画像は現物です。
コメント
 【シャム モーゼル 46/66式小銃について】
1903年から生産された46式小銃は、1920年後半になると円頭弾である8mm×50R弾を使用するため旧式となりました。 タイ仏暦の2466年に新しく尖頭弾である8mm×52R弾 (Type 66 8×52R弾) が制式となりましたが、新型弾はケース長 (薬莢長) が約2mm長かったため、弾薬の互換性がなくなりました。 タイ仏暦2466年に46式小銃を8mm×52R尖頭弾を使用出来るようにリチャンバーしたモデルが46/66式小銃として採用されました。
使用弾薬の変更に伴い、タンジェント型リアサイトの射程を定める角度も変わりました。 弾薬はほぼ同じサイズ (ケースが約2mm長いだけ) ですので、装弾口の大きさの違いは見られず、このリアサイトの違い (46式のガードが高く、46/66式のガードは低くなっています) で見分けがつきます。 また更に46/66式のレシーバー後部の上下タング部分は46式小銃より長くなるように延長部品が付けられて、より強力な新型弾に耐えられるようになっています。 上側 (約6,5cm) と下側 (約5cm) の延長部品が旧軍の三十年式や三十五年式小銃の様 (旧軍は下側だけが延長別部品) に追加改良されています。
1923年 (仏暦2466年) に新しく8mm×52R尖頭弾を使用する三八式小銃型の66式小銃も採用されましたが約40万挺も生産された46式小銃があった為、46/66式小銃の方が多く軍に残り、同じ年から二種類の新型小銃が混在して使用されました。

【本個体の説明】
本個体は機関部側面の旧軍小銃と同様の箇所に、東京砲兵工廠小石川小銃製造所の四つ輪刻印の他、二重丸にタイ文字と思われる文字が入った刻印が入っています。 薬室側面にはシリアルNo.の22824がケガキにより入っています。 薬室上部にはタイ紋章及びタイ文字の刻印が入っている他、レシーバー後部上方にもタイ文字で刻印が入っています。
本品の機関部や銃身といった金属部はやや擦れ等が見受けられるものの、大部分にブルー仕上げが残っています。 ダスト・カバー表面やトリガー・ガード、弾倉底板、リア・サイト周辺にやや朽ち込み痕が見受けられるものの、現状では比較的目立たないレベルです。 木部は全体に艶のある仕上げ直しが行われており、アッパー・タング周辺やバット・プレート周辺にやや痩せが見受けられますが、丁寧な仕上げが行われているためあまり違和感はありません。 旧軍小銃と同様のバット・ストックの上下の継ぎ目についても隙間等はそれほど目立ちません。 バット・プレートは若干の朽ち込み痕や擦れが見受けられますが、大きな変形等は見られず、銃床への取り付けもガタつきもなくしっかりとしています。 スライド式のコンパートメントの蓋の開閉も問題なく行えます。 遊底覆のスライド操作や前後ポジションでのロックやリア・サイトの調整操作はスムーズに行う事が可能です。 リア・バンドやボルト・リリース・ラッチ、セーフティ・ノブにややガタつきが見られます。 弾倉底板の取り外しも可能で、マガジン・フォロアーやスプリングも入っています。
希少性がある品ですので、シャム王国 (タイ王国) の兵器や20世紀初頭のボルト・アクション、日本製の銃器にご興味がある方に是非お勧めしたい一挺です。 さく杖は付属していません。 トリガー・テンションのある、ボルトが閉じた状態で固定された旧加工品です。 東京店在庫品 (KK)

シャム王国の日本製小銃に関する弊社ブログ記事 (Part1 Part2 Part3)
動画はこちら

【その他の情報】
無可動実銃には文章では表現の難しい傷がある場合がございます。 通信販売でご購入される際は、後日リンクされる詳細画像 (Detailed Photos) を十分ご確認頂いた上でご注文下さい。

詳細画像(Detailed Photos)はこちら

一覧へ戻る   このページのトップへ
E-mail:chicago@regimentals.jp
Copyright (c) Chicago Regimentals Co.,Ltd.All Right Reserved.