株式会社 シカゴレジメンタルス イメージ お電話でのお問い合せは東京:03-3802-8707 /大阪:06-6306-3785
SPECIALIZING IN MILITARY                    ANTIQUE

                           
ホーム
商品検索
商品検索ヘルプ
アクセサリー
参考書籍
店舗紹介
スタッフ紹介
ニュース
フリーニュースレター
ご注文について
お問い合せ
よくあるご質問
弊社掲載記事、広告
個人情報保護方針
会社概要
ギャラリー
採用情報
リンク
サイトマップ
カタログ
ガゼットしおり
ブログでの紹介品
ブログでの紹介品
初めての方はこちら

「売約済」「商談中」
「SOLDOUT」
等の表記について、詳しくは こちらをご覧下さい。

「デッド・ストック」
「未使用新品」
等の記載についての説明は、こちらをご覧下さい。

銃の価格リストの一覧はこちらをご覧下さい。

アーマライト AR10 自動小銃 ポルトガル・モデル (#008321)  
一覧へ戻る
関連商品情報
現在この商品に関連するアクセサリーはございません。
現在この商品に関連する書籍・ビデオはございません。
予約はこちら
  ▲クリックで拡大画像をご覧いただけます。
  Copyright© Chicago Regimentals Co. , Ltd. All Rights Reserved.
価格(税込)
 SOLD OUT
商品番号
 【2355】
英  名
 Armalite AR10 Rifle Portuguese Model
種  類
 自動小銃、無可動実銃買取2011年秋、ガゼット Vol.12、ガゼット Vol. 14
国  名
 オランダ / ポルトガル
時  代
 第二次大戦後(1945〜)
全  長
 1,045mm
口  径
 7,62mm×51
装 弾 数
 20発
在 庫 数
 SOLD OUT
画像について
 画像は現物です。
コメント
 【アーマライト AR10 自動小銃 ポルトガル・モデル について】
AR-10はアメリカの航空機メーカー「フェアチャイルド」の銃器製造部門「アーマライト(ArmaLite)」で開発された自動小銃です。 当時銃器開発を専門としていた、ユージン・ストーナーが設計し、M16の原型になりました。 元々の航空機会社の特徴を生かした新しい機構を取り入れた斬新的な設計にもかかわらず、AR-10のプロトタイプはアメリカ軍では強度不足などの理由で採用されませんでした。 しかしながら、AR-10はその後オランダのアーティラリエ・インリッチンゲン (A.I.) 社でもライセンス生産が行われ、第三国で使用されました。 AR-10はその後各地の紛争地域で傭兵等により使用され非公式ながら信頼を獲得していきました。
本品はポルトガル軍用として、AR-10第二過渡期モデルを改良して開発された、通称ポルトガル・モデルと呼ばれるタイプです。 泥や砂塵、塩分を含んだ高い湿度といった南アフリカ地域の過酷な環境下での信頼性を高めるため、各部に様々な改良が施されています。
旧来モデルのボルトはロッキング・ラグの強度が不足しており、数万発の射撃で破損する可能性がありましたが、ポルトガル・モデルではロッキング・ラグの形状がより大きく頑丈な物へと改良されており、バレル・エクステンションの形状もこれに合わせて変更されています。 また、破損の多かったエキストラクターについても強化が行われた他、ハンマー・スプリングも新設計のコイル・スプリングを利用した物へと変更されました。 ハンドガードの素材についても、従来のファイバーグラスとグラファイト・エポキシをレジンに浸潤して硬化させたものから、新型ではシンプルなベークライトの射出成型に変更されました。
グリップ形状についても変更されており、射手の手にまめを作る事で不評だったグリップ背面のセレーションが廃止されました。 バット・ストックの素材についてもライフル・グレネードの発射に耐えられるよう、高強度のポリカーボネート樹脂に変更されており、AR-10第一過渡期モデルから装備され始めたゴム製のバット・プレートが取り付けられています。
AR-10ポルトガル・モデルでは、フロント・サイト・ポストの前面にグレネード・サイトが取り付け可能となっている他、側面には弾薬の先端で回転させるガス調整バルブが設けられています。
他にも、コッキング・ハンドルにはボルト・フォワード・アシスト機能が追加されており、コッキング・ハンドルを押し込みながら前方へ操作する事により、ボルトを手動で完全閉鎖する事が可能となっていました。
また、従来型のAR-10のボルト・キャッチは最終弾を発射した後のキャッチの掛かりが不十分でしたが、ポルトガル・モデルではこの点についても改善されています。 また、過酷な状況における薬室への装填・排莢を確実にする為、薬室には厚いクロムメッキが施されています。
AR-10ポルトガル・モデルはポルトガルだけでなく1960年代初めにイタリアにも輸出され、イタリア海軍特殊部隊COMSUBINによって使用された事から、別名NATOモデルとも呼ばれています。

【本個体の説明】
本品のマガジン・ハウジング左側面には「Patents pending ARMALITE AR10 mfd by AI Nederland」の刻印が入っている他、アッパー・レシーバー左側面に「CAL.7,62mm,NATO-008321」の口径表示が入っています。 ポルトガル・モデル特有の金属と樹脂の組み合わせとなったハンドガードは黒色で、グリップ及びバット・ストックは茶色の樹脂製となっております。
本品のアルミ製レシーバーはやや小傷や黒色の仕上げが落ちて金属の地肌が表れている箇所が見受けられますが、大きな腐食等は見受けられず、比較的良好な状態が保たれています。 銃身やフロント・サイト・ベース部分についてもやや小傷や表面錆は見受けられるものの、大きな朽ち込み等は見られず、しっかりとした状態が保たれています。 ハンドガードの金属部分についても一部に塗膜の剥落等は見受けられるものの、目立った変形等は見受けられません。 樹脂製のハンドガード後部やグリップ、バット・ストックについてはやや打ち傷や角の部分等に僅かな欠けは見受けられますが、大きな破損や欠損等は見られず、こちらもしっかりとした状態が保たれています。 ハンドガード及びバット・ストックは僅かに左右にガタつきが見受けられるものの、取り付け自体はしっかりとしています。 傷みやすいゴム製バット・プレートは一部に若干の欠けや摩耗が見られますが、現状大きな経年劣化は見られず、適度な弾力が保たれています。 アッパー・レシーバー左側面及びマガジン・ハウジング右側面に表面を僅かに削った上から黒色塗料で着色した痕が見られます。 テイクダウンする際のヒンジ部分には、強度を落とす為のカット加工が見られます。 アッパー及びロア・レシーバーの取り付けは若干のガタつきは見られるものの、上下の固定はしっかりとしています。 本品のフルオート・シア・ピンは取り外されています。 マガジンの着脱やリア・サイトのエレベーション調整、エジェクション・ポート・カバーの開閉については問題なく行う事が可能です。 付属のアルミ製20連マガジンのボトム・プレートには「ARMALITE PATENTS PENDING」の刻印が入っています。 マガジンは表面にやや擦れや塗装の剥落、若干の凹みは見受けられるものの、大きな変形等は見られず、比較的良好な状態が保たれています。 マガジン・スプリングは入っています。
トリガーテンションのある、ボルトを取り外し、ボルト・キャリアが閉じた状態で固定された旧加工品です。 東京店在庫品 (KK)

【その他の情報】
無可動実銃には文章では表現の難しい傷がある場合がございます。 通信販売でご購入される際は、下記の詳細画像を十分ご確認頂いた上でご注文下さい。

詳細画像(Detailed Photos)はこちら

一覧へ戻る   このページのトップへ
E-mail:chicago@regimentals.jp
Copyright (c) Chicago Regimentals Co.,Ltd.All Right Reserved.