株式会社 シカゴレジメンタルス イメージ お電話でのお問い合せは東京:03-3802-8707 /大阪:06-6306-3785
SPECIALIZING IN MILITARY                    ANTIQUE

                           
ホーム
商品検索
商品検索ヘルプ
アクセサリー
参考書籍
店舗紹介
スタッフ紹介
ニュース
フリーニュースレター
ご注文について
お問い合せ
よくあるご質問
弊社掲載記事、広告
個人情報保護方針
会社概要
ギャラリー
採用情報
リンク
サイトマップ
カタログ
ガゼットしおり
ブログでの紹介品
ブログでの紹介品
初めての方はこちら

「売約済」「商談中」
「SOLDOUT」
等の表記について、詳しくは こちらをご覧下さい。

「デッド・ストック」
「未使用新品」
等の記載についての説明は、こちらをご覧下さい。

銃の価格リストの一覧はこちらをご覧下さい。

平和式教練銃 (#D86)  
一覧へ戻る
関連商品情報
現在この商品に関連するアクセサリーはございません。
現在この商品に関連する書籍・ビデオはございません。
予約はこちら
  ▲クリックで拡大画像をご覧いただけます。
  Copyright© Chicago Regimentals Co. , Ltd. All Rights Reserved.
価格(税込)
 \198,000
商品番号
 【1982】
英  名
 Type Heiwa Training Rifle
種  類
 ボルト・アクション、無可動実銃買取品 2015年 春
国  名
 日本
時  代
 第一次大戦〜第二次大戦
全  長
 1,250mm(実測)
口  径
 7,7mm
装 弾 数
 5発
在 庫 数
 限定1品
画像について
 画像は現物です。
コメント
 【平和式教練銃について】
戦前・戦中にかけて日本の学校等における軍事教練用に製造された小銃で、木製の完全な取り回し練習用から平玉火薬で音だけを出す物、空砲もしくは狭窄弾(プライマーと微量の火薬で弾を飛ばす短射程訓練弾)を発射できる金属製、あるいは旧式の実物小銃を改造した物など様々な品が作られました。
旧式となった軍用小銃の内、海外に放出品として輸出されなかった品は教練銃として学校等に支給されました。 これらの教練銃にはしばしば教練用である事を示す刻印がレシーバー上面に打刻された他、学校名を示す記号が刻印や焼き印によりバット・ストックに入れられている個体も存在します。 1905年から1921年に掛けて約1万挺の三十年式歩兵銃が教練銃に改造さたと言われています。 これらの品では銃身内のライフリングを落としてスムーズ・ボアとし、空砲専用である事を示す刻印がレシーバーに打刻されました。 また、大部分の品で元々のシリアルNo.が削り落とされており、新たなシリアルNo.が打ち直されていますが、オリジナルのシリアルNo.がそのまま残った個体も一部に確認されています。 三八式歩兵銃やその他旧軍小銃についても上記の三十年式と同様に教練銃に改造したものが存在します。
当時製造された教練中のバリエーションは多岐に渡っており、三八式や九九式の形状を模して当初から教練銃として製造された品や、三八式・九九式の両方の特徴を備えた教練銃も作られました。 これらの教練銃は一般的に銃身がスムーズ・ボアで、全体に鋳鉄などを多用しており作りが粗く、バット・ストックが一体型であるといった特徴が見られます。 また、菊花紋章や刻印が入っておらず、シリアルNo.のみが入っている品も多く見られる他、平和式、金山式、井澤式とモデル名が薬室に刻印してある銃も存在します。 教練銃の中には他にも、主に国民学校(現在の小・中学校)高学年の軍事教練向けに、全長を三八式歩兵銃の7/8にスケール・ダウンした少年用教練銃も作られました。 これらの少年用教練銃では特殊な全鉄製の専用銃剣を使用しました。
大戦後半になると物資の欠乏などにより教練銃もより構造を簡素化した物が作られるようになりました。
平和式教練銃は教練銃としては有名ですが、製造元などは明らかになっていません。平和式には2種類のバリエーションが存在するとされ、弾倉に旧軍小銃と同じく5発装填できる仕様と、弾倉を省略し、単発装填方式の仕様が存在するとされています。

【本個体の説明】
本品は薬室上面に「平和式」と入った品で、実物の三八式歩兵銃に忠実に似せた造りとなっていますが、全長は三八式より3,4cm程短くなっています。 機関部左側面にD86のシリアルNo.が入っている他、銃身基部左側面に「10」の刻印が入っています。 槓桿のシリアルNo.はB959、用心金及び弾倉底板のシリアルNo.は63となっています。 銃床部には「川□□所」と読める本品が運用されていた機関の名称と思われる焼印が確認できます。
本品は全体に適度な使用感が見受けられ、機関部はやや打ち傷や擦れ、経年による褪色の他、表面錆等は見受けられるものの、大きな欠損等は見受けられず、概ねしっかりとした状態が保たれています。 銃身は大部分に仕上げが落ちて金属の地肌が表れているものの、こちらも目立った朽ち込み等は見受けられません。 銃床や木被といった木部についても全体にやや打ち傷や線傷の他、角の部分等一部に若干の欠けが見られるものの、全体としては大きな破損等は見受けられず、概ねしっかりとした状態が保たれています。 遊底止下部付近の銃床左側面に一部ひびを補修した痕が見受けられます。 傷み易い床尾板についてはやや時代錆は表れているものの、目立った朽ち込みや変形等は見受けられず、銃床への取り付けもガタつきもなくしっかりとしています。 本品は上帯が完全には固定されておらず、外れやすくなっています。 下帯及び木被はややガタつきはみられるものの、取り付け自体はしっかりとしています。 照尺板の起倒は問題ありませんが遊標はストッパーが効いていない状態となっています。 弾倉底板の着脱については問題なく行う事が可能です。 尚、弾受及び弾倉バネは入っていません。 さく杖は付属致しません。
トリガーテンションのある、ボルトが閉じたで固定された旧加工品です。 東京店在庫品 (AW)(KK)

【その他の情報】
無可動実銃には文章では表現の難しい傷がある場合がございます。 通信販売でご購入される際は、下記の詳細画像 (Detailed Photos) を十分ご確認いただいた上でご注文ください。

詳細画像(Detailed Photos)はこちら

一覧へ戻る   このページのトップへ
E-mail:chicago@regimentals.jp
Copyright (c) Chicago Regimentals Co.,Ltd.All Right Reserved.