株式会社 シカゴレジメンタルス イメージ お電話でのお問い合せは東京:03-3802-8707 /大阪:06-6306-3785
SPECIALIZING IN MILITARY                    ANTIQUE

             
ホーム
商品検索
商品検索ヘルプ
アクセサリー
参考書籍
店舗紹介
スタッフ紹介
ニュース
フリーニュースレター
ご注文について
お問い合せ
よくあるご質問
弊社掲載記事、広告
個人情報保護方針
会社概要
ギャラリー
採用情報
リンク
サイトマップ
追加画像一覧
カタログ
ブログでの紹介品
初めての方はこちら

「売約済」「商談中」
「SOLDOUT」
等の表記について、詳しくは こちらをご覧下さい。

「デッド・ストック」
「未使用新品」
等の記載についての説明は、こちらをご覧下さい。

銃の価格リストの一覧はこちらをご覧下さい。

MP28 短機関銃 (ベルギー製Mi 34 Schmeisser-Bayard、#23)  
一覧へ戻る
関連商品情報
現在この商品に関連するアクセサリーはございません。
現在この商品に関連する書籍・ビデオはございません。
予約はこちら
  ▲クリックで拡大画像をご覧いただけます。
価  格
 SOLD OUT
商品番号
 【4112】
英  名
 MP28 Sub-machinegun (Mi 34 Schmeisser-Bayard)
種  類
 短機関銃、無可動実銃新入荷品 2015年9月
国  名
 ベルギー / ドイツ
時  代
 第一次大戦〜第二次大戦
全  長
 812mm
口  径
 9mm×23
装 弾 数
 32発
在 庫 数
 SOLD OUT
画像について
 画像は現物です。
コメント
 【MP28 短機関銃 について】
MP18飢良型の更なる発展型で、タンジェント・サイトが付き、セミ・オートマティック射撃の出来るセレティブ・ファイアに改良したタイプです。 トリガーの上方に、左右に突き抜けたプッシュ・ボタン式のセレクターが付いているのが特徴です。 第二次大戦前は主にドイツ警察で使用され、開戦後は治安維持部隊や武装親衛隊などで使用されました。
ドイツ国外ではスイス、スペイン、ベルギーでもMP28のコピー品やライセンス品が製造されました。 ベルギーではAnciens Etablissement Pieper S.A.社によってライセンス生産されました。

【本個体の説明】
本品は珍しいベルギーで生産されたMP28II短機関銃ですが、それを裏付ける刻印「Anciens Etablissement Pieper S.A.」等は入っていません。 ドイツ製とは異なる点は、着剣装置が追加されている他、コッキング・ハンドルが通常のスプーン型ではなくボルト・アクション・ライフルのような形状となっています。 着剣装置はモーゼル系と同じような形状ですが、Kar.98kの銃剣は装着できません。
尚、本品と同形状の着剣装置が付いた個体の写真が海外フォーラムにおいてフィンランド軍向けにベルギーで製造されたMP28II短機関銃として取り上げられています。 フィンランドでは冬戦争前に民兵組織用としてスイス SIG社から1,500挺のSIG M1920短機関銃 (MP18短機関銃のコピー) を購入していましたが、冬戦争開始とともにこれらの短機関銃はフィンランド陸軍へと移管されました。 冬戦争中にはフィンランド陸軍はベルギーから171挺のMP28II短機関銃を購入しましたが、それらの銃がフィンランドに到着したのは冬戦争の終結後であったと言われています。 これらのベルギーからフィンランドに輸出されたMP28II短機関銃は、その後の継続戦争でもフィンランド兵によって使用された他、継続戦争に参加したドイツ軍部隊によっても使用されたと言われています。 本品も特徴的な着剣装置からフィンランド向けにベルギーで製造されたMP28II短機関銃の1挺であると考えられますが、実際にはフィンランドに送られる事のなかった個体ではないでしょうか。 本品にはシリアルNo.やボルトの安全位置にSの文字が刻印されている以外は目立った刻印は入っておりませんが、冬戦争当時の複雑な国際情勢から、敢えて生産国や輸出先の国を示す刻印を入れなかった可能性も考えられます。
木製ストックの右側面の安全装置の周辺に長さ6センチ程のヘアライン・クラック(髪の毛のように細いひび割れ)が見受けられます。 木部の全体的な程度は経年使用の小傷こそありますがいい時代感が付いており、状態は前述のヘアーライン・クラック以外には問題はありません。 オリジナルのブルー仕上げとマガジン・ハウジングの茶系の色合いのコントラストが美しい非常に美しい品です。 マガジンは珍しいランチェスター 短機関銃の40連マガジン(マガジン・リップが若干削られています)が付属しています。 ご希望であればドイツ製のMP28IIの20連マガジンを代わりにお付けします。 ボルトが開いた位置で固定された新加工品です。 トリガーテンションはありません。ベルギー製のMP28は国内で唯一と思われます。 戦間期の短機関銃コレクターの方にお勧めの一品です。
東京店在庫品。(MM)(KK)

弊社ブログ(シカゴ ブログ)でドイツ製MP28IIを取り上げています。
ご興味がある方はこちら

その中から、ベルギーAnciens Etablissement Pieper S.A.社製 MP28の記述を抜粋しました。
ドイツ国外ではベルギーのAnciens Etablissement Pieper S.A.社によってシュマイザーから正式なライセンスを得てMP28II(Mi 34 Schmeisser-Bayardの名で)が生産されました。 これは正式なライセンス品だけあって、本体(レシーバー)左側面(MP18Iのベルグマン刻印と同じ場所に同じような書体で)に「Anciens Etablissement Pieper S.A.Herstal」と入っており、クオリティもドイツ製と変わらない上質なものでした。 9mm口径の品は1934-39年までベルギー軍用として制式採用されました。 この品はドイツ製と全く同じで部品の互換性もあったと言われています。 1940年にドイツ軍がベルギーを占領してからは、MP740(b)の名称で準制式として使用しました。(MM)

【その他の情報】
無可動実銃には文章では表現の難しい傷がある場合があります。 通信販売でご購入される際は、下記の詳細画像を十分ご確認頂いた上でご注文下さい。

詳細画像(Detailed Photos)はこちら
本コメントは作成途中です。後日、訂正/加筆されます。
一覧へ戻る   このページのトップへ
E-mail:chicago@regimentals.jp
Copyright (c) Chicago Regimentals Co.,Ltd.All Right Reserved.