株式会社 シカゴレジメンタルス イメージ お電話でのお問い合せは東京:03-3802-8707 /大阪:06-6306-3785
SPECIALIZING IN MILITARY                    ANTIQUE

             
ホーム
商品検索
商品検索ヘルプ
アクセサリー
参考書籍
店舗紹介
スタッフ紹介
ニュース
フリーニュースレター
ご注文について
お問い合せ
よくあるご質問
弊社掲載記事、広告
個人情報保護方針
会社概要
ギャラリー
採用情報
リンク
サイトマップ
追加画像一覧
カタログ
ブログでの紹介品
ブログでの紹介品
初めての方はこちら

「売約済」「商談中」
「SOLDOUT」
等の表記について、詳しくは こちらをご覧下さい。

「デッド・ストック」
「未使用新品」
等の記載についての説明は、こちらをご覧下さい。

銃の価格リストの一覧はこちらをご覧下さい。

M1D 狙撃銃 (#4333881)  
一覧へ戻る
関連商品情報
現在この商品に関連するアクセサリーはございません。
現在この商品に関連する書籍・ビデオはございません。
予約はこちら
  ▲クリックで拡大画像をご覧いただけます。
  Copyright© Chicago Regimentals Co. , Ltd. All Rights Reserved.
価格(税込)
 SOLD OUT
商品番号
 【2979】
英  名
 M1D Sniper Rifle
種  類
 自動小銃、狙撃銃、無可動実銃買取品 2018年 冬
国  名
 アメリカ合衆国
時  代
 第一次大戦〜第二次大戦、第二次大戦後(1945〜)
全  長
 1,103mm(実測)
口  径
 .30-06in
装 弾 数
 8発
在 庫 数
 SOLD OUT
画像について
 画像は現物です。
コメント
 【M1D 狙撃銃 について】
M1 ライフルは1936年にアメリカ軍に採用された自動小銃で、開発者ジョン ガーランドの名前を取ってガーランド ライフルと呼ばれました。 M1D 狙撃銃はそのM1 ライフルにM84 スコープを取り付けたスナイパー・モデルです。 M1 ライフル自体は1937年 より生産が始まりましたが体制が整い量産に入ったのは1940年頃からです。  しかし1945年の大戦終了までに400万丁以上作られました。 そして朝鮮戦争で生産を再開し更に200万丁作られました。 特殊な装弾子(クリップ)を使用するため弾の補充が難しいなどの欠点を指摘されますが他国がボルトアクションのライフルを使っている時代に画期的なライフルだったのではないでしょうか。
M1D 狙撃銃は先に採用されたM1C 狙撃銃の後継銃です。 M1Cはレシーバー左側面に直接にスコープ・マウントをネジ止めしてありました。 スコープはM81/82というものM1DのM84 スコープとは異なる品を使用しました。 M1Cは第二次大戦中にSpringfield造兵廠だけで7,971挺製造されましたが、終戦前に実戦部隊の手に渡る事はありませんでした。 その為M1Cは大戦中には戦場におけるテスト(Battle Test)を行う事ができませんでした。 その後勃発した朝鮮戦争でM1Cは米国陸軍の標準狙撃銃として配備されました。朝鮮戦争中に追加で4,796挺のM1Cが生産されました。 そして実戦で最大有効射程が600ヤード(約550m)で450ヤード(約400m)から600ヤード(約550m)の距離でもある程度信頼できる性能があると証明されました。 しかし2,5倍のスコープでは600ヤード(550m)の最大有効射程を得るにはマッチ・ターゲット弾を使用せずには難しいものでした。M1Cは1960年中頃のベトナム戦争勃発時まで制式狙撃銃として使用されました。 1950年代には、M1Cの後継狙撃銃であるM1DがM1Cよりも優れており、特にM1Cが抱えていたスコープ・マウントの問題を解決しました。その為M1DはM1Cに比べ生産数が多く21,380挺生産されたと記録されています。 M1Cは米国海兵隊でも独自のStith-Kollmorgen社製の4倍スコープである4XDを標準装備し1951/2年に制式採用されました。 この海兵隊モデルはMC52 狙撃銃としても知られています。しかし朝鮮戦争(1951-53年)では極限られた挺数が使用されただけで、ベトナム戦争の初期まで実戦で使用されました。 M1CとM1Dはベトナム戦争でその任務は終わり、海兵隊ではレミントン M40を採用し、その後陸軍もM14の狙撃銃モデルであるM21 狙撃銃を採用しました。
M1Dの開発は大戦中から行われていましたが、実際に配備・使用されたのは朝鮮戦争に入ってからのようで、基本的には大戦中に製造されたものを再整備してDタイプに改造しました。(MM)

【本個体の説明】
本品はシリアル No.4333881で、朝鮮戦争時にスプリング・フィールド造兵廠で製造されたものです。 金属部分は使用感の少なく程度の良い濃いパーカライジング仕上げになっています。 スコープ基部はマウントとの接点ですれて地金っぽくなっていますがそれほど欠点には感じません。 強いて言うならば、バット・プレートの仕上げが薄れ銀地になっているのが気になります。
木部も金属部同様状態がよく、大きな欠点は見られません。 フロント・ハンド・ガードが他の木部より若干明るい色合いで、左側面に1,5cmほどのうち傷があるのが目立ちますが、このコンディションだからこそのものです。 グリップした時に小指が当たる部分にPのプルーフ・マークが、そして親指が当たる部分にはインスペクター・マークが打たれています。 スコープはM1D用のM84で左側面に王冠にFKFの刻印が打たれていますのでデンマーク軍納入品と思われます。 外見的に擦れや小傷はわずかで本体同様程度の良い品です。 あえて言うならば、サンシェード下面の錆の跡が気になります。 視界もクリアーでポスト・タイプのレティクルがはっきり見えますが、レティクルの中に若干極小のゴミ(カビ?)が見えます。 ストックにチークパットは、後世になって取り付けられています。 M1Dスナイパー用のフラッシュハイダーが付属しています。 ハンマーの上部を切断した加工なのでトリガーとセーフティのテンションはあります。 また、セーフティはトリガーと連動しています。 トリガー・テンションのある、ボルトが完全に閉じた旧加工品です。 東京店在庫品(YS)

【その他の情報】
無可動実銃には文章では表現の難しい傷がある場合がございます。 通信販売でご購入される際は、下記の詳細画像を十分ご確認頂いた上でご注文下さい。

詳細画像(Detailed Photos)はこちら
一覧へ戻る   このページのトップへ
E-mail:chicago@regimentals.jp
Copyright (c) Chicago Regimentals Co.,Ltd.All Right Reserved.