株式会社 シカゴレジメンタルス イメージ お電話でのお問い合せは東京:03-3802-8707 /大阪:06-6306-3785
SPECIALIZING IN MILITARY                    ANTIQUE

                           
ホーム
商品検索
商品検索ヘルプ
アクセサリー
参考書籍
店舗紹介
スタッフ紹介
ニュース
フリーニュースレター
ご注文について
お問い合せ
よくあるご質問
弊社掲載記事、広告
個人情報保護方針
会社概要
ギャラリー
採用情報
リンク
サイトマップ
カタログ
ガゼットしおり
ブログでの紹介品
ブログでの紹介品
初めての方はこちら

「売約済」「商談中」
「SOLDOUT」
等の表記について、詳しくは こちらをご覧下さい。

「デッド・ストック」
「未使用新品」
等の記載についての説明は、こちらをご覧下さい。

銃の価格リストの一覧はこちらをご覧下さい。

ウィンチェスター M1866 イエローボーイ カービン (A.Uberti社製復刻品、#3733)  
一覧へ戻る
関連商品情報
現在この商品に関連するアクセサリーはございません。
現在この商品に関連する書籍・ビデオはございません。
予約はこちら
  ▲クリックで拡大画像をご覧いただけます。
  Copyright© Chicago Regimentals Co. , Ltd. All Rights Reserved.
価格(税込)
 \99,000
商品番号
 【2645】
英  名
 Winchester M1866 Yellow Boy Carbine, Uberti Reproduction
種  類
 レバー・アクション、無可動実銃新入荷品 2017年3月 、お値打ち価格商品 (税別10万円以下)
国  名
 イタリア / アメリカ合衆国
時  代
 第一次大戦前(〜1914)
全  長
 975mm
口  径
 .38in.
装 弾 数
 10発
在 庫 数
 限定1品
画像について
 画像は現物です。
コメント
 【ウィンチェスター M1866 イエローボーイ カービンについて】
ウィンチェスター M1866 イエローボーイは西部開拓時代のアメリカにおける最も有名なライフルです。 1866年から98年まで1st〜4thの4つのモデルが生産されました。 ウィンチェスター社はオリバー・ウィンチェスターにより創業された元繊維会社です。 1857年に独自のレバー・アクション構造のパテントを持っていたボルカニック リピーティング・アームズ社の武器製造工場を買収したのが銃器産業に参入する切っ掛けとなりました。 当初はニューヘイヴン・アームズ社としてヘンリー ライフルとして知られるボルカニックの進化型であるレバー・アクションライフルの製造権を取得すると、オリバーの息子であるウィリアムにより全米で販売を開始しました。 そして1866年にウィンチェスター社として改名後、工場長であったネルソン・キングのパテントによりヘンリー ライフルの欠点であったマガジンを改良し、フレーム右側面のローディング・ゲートから装填出来るようにしました。 更にハンド・ガードを付けて連像発射による銃身の過熱から手を守る工夫などの改良を施した「M1866」を発売しました。 この銃はフレーム全体が真鍮製であることから「イエローボーイ」と一般的に呼ばれています。 レバー・アクションとは銃の機関部下方に付いた用心鉄兼用のレバーを下に引き、それをまた戻すことで薬室から空薬莢を排除すると同時に次弾を装填するという仕組みを持った銃を広義では指します。 しかし通常は銃身の下に平行して付けられたチューブ・マガジン(管状弾倉)を備えたボルカニック、ヘンリー、ウィンチェスターの製品を、特にウィンチェスター社の商品の固有名詞的なるほどです。
M1866には銃身長が27インチのマスケット、24インチのライフル、20インチのカービンがありました。 本品はそのカービン(騎兵銃)モデルです。 特にフレームの左側面に鞍(サドル)に銃を固定するリング(環)が付いているので「サドル・リング・カービン(Saddle Ring Carbine)」と呼ばれました。
幕末に日本にも少数が輸入されました。 日本語では「直動鎖閂式(ささんしき)銃」と呼び、同じレバー・アクション式の「底碪式(ていがんしき)銃」と混同されやすいが、遊底(ボルト)が(回転することなく)前後するので「直動鎖閂式」になり、ブリーチが上下する「底碪式」とは構造的には全く異なるものです。

【本個体の説明】
本品はイタリアA.Uberti社製復刻品のウィンチェスター M1866 カービンを無可動化にしたものです。 本ロットはイタリアから出た品で、マカロニ・ウェスタン映画等で使用された品です。 その為、有名な映画の劇中でも使用されている可能性も考えられます。
また本ロットの各個体は、欠損部品などの個体差が見られる為、それぞれの欠損部品に応じた価格設定となります。 基本となる完品の価格は\100,000(税別)ですが、一部部品の仕様やパーツの欠損等によって販売価格が以下の価格を差し引いた金額となります。
・ローディング・ゲートのサイズが規格より小さい品 -\10,000
・リア・サイト欠品 -\10,000
・リア・サイト破損 (折損) もしくは基部のみの状態 -\5,000
・マガジン・チューブの蓋が正規の物で無いローレット付の品 -\5,000
・機関部の真鍮部品が黒色塗装されている品 -\5,000
・サイド・リング (スリング・リング) 欠損 -\5,000
※最初からサイド・リングを装着しないモデルは対象外です

本ページの個体はシリアルNo.3733の品で、リア・サイトが欠品です。
真鍮製の機関部は全体に細かな打ち傷や擦れは散見されるものの、大きな破損等は見られず、真鍮表面の色合いも適度な時代感が付いた良い雰囲気となっております。 銃身やアンダー・レバーといった鉄部についても、小傷が散見され、一部に表面仕上げが薄くなっている部分は見られますが、オリジナルのブルー仕上げも大部分に残っております。 マガジン・チューブの表面は銃身とは異なり黒の焼付け塗装仕上げとなっており、このため、銃身より細かい傷による剝げが目立っております。 真鍮製バット・プレートについてはやや打ち傷は見受けられるものの、目立った変形や破損は見受けられず、しっかりとした状態が保たれており、機関部の真鍮部分との色合いなども違和感はありません。 尚、本品のエレベーター下部には約0,6cm×1,3cm程の四角い切れ込みが設けられています。 また銃身上部には「A.UBERTI & C.GARDONE V.T. ITALY」の刻印が入っています。
濃い目の色の木部についても使用感が見受けられ、全体に小さな傷が散見されハンドガードの左右にそれぞれとストックの右側面のグリップ部辺りにやや目立つ打ち傷が見受けられますが、欠損やヒビなどは見られず、濃いめの色も相まって雰囲気は悪くありません。
アンダー・レバーは固定されています。 ボルトが開いた状態で固定された、トリガーテンションの無い新加工品です。 東京店在庫品 (TY)

【その他の情報】
無可動実銃には文章では表現の難しい傷がある場合があります。通信販売でご購入される際は、下記の詳細画像を十分ご確認頂いた上でご注文下さい。

詳細画像はこちら

一覧へ戻る   このページのトップへ
E-mail:chicago@regimentals.jp
Copyright (c) Chicago Regimentals Co.,Ltd.All Right Reserved.